ko181025
14/33

近年、見かけることが多く・ ついて、新潟市丸榮製粉の松なった国産小麦のパン。国内では北海道産が有名ですが、実は新潟でも「ゆきちから」という品種が栽培されています。特徴に崎さんにお話を聞きました。 「ゆきちからは東北生まれの品種で、10月に種まきをしたら雪の下で越冬し、6月に収穫。積雪が多い新潟の過酷な環境でも力強く育つ小麦です。ハード系と相性がよく、仕上がりはもっちりしっとり。現在、小麦粉として一般販売はしていないので、県内のベーカリーやレストランでゆきちからを使った商品を見かけたらぜひお試しを。おいしさを体感してください」。雪の中でも力強く育つ国産小麦「ゆきちから」キタノカオリミナミノカオリこっちも注目!春よ恋パンになるのが楽しみ!北海道弾力が強く、扱いやすい質感が特徴。甘みが豊かで、焼き上がった生地はほんのりクリーム色。熊本県全国各地で栽培されている国産小麦。土地ごとに個性や特徴があります。扱いやすく万能な優秀小麦温暖地で育つ熊本県認定小麦温暖な土地での栽培に適した小麦。あっさりした味で、きめ細かく、なめらかな生地に焼き上がる。茨城県に広がる「黒ボク土」という火山灰土質の土地で育つ小麦。ふんわりとボリュームのあるパンが焼ける。P55で紹介する「Marilla」では、村上市初のライ麦栽培に挑戦。地元で育てたライ麦100%のドイツパンを試作している。品種改良が進み、安心・安全でおいしい! とパン好きの間でますます注目が高まる国産小麦。思わず指名買いしたくなる国産小麦のパンの特徴や、おいしさの理由を探りました。ゆめかおり甘くやわらか、もちもち食感に国産小麦の代名詞「はるゆたか」の後継種。程よい甘さともちもち感で、どんな種類のパンとも好相性。関東でも! 茨城生まれの新品種北海道茨城県教えてくれたのは小麦の製粉・流通を行う「丸榮製粉」と、小麦栽培に特化した農業生産法人「マルエイファーム」に所属。日々、新潟県産小麦を広める活動を行っている。黄金色の麦穂が辺り一面に広がる、新潟市北区のゆきちから畑。収穫作業にあたっているのは、マルエイファーム代表取締役・大谷勝男さん。50丸榮製粉/マルエイファーム松崎正道さん全国のブランド小麦とその特徴パンは小麦の味わいで選ぶ時代へただいま、国産小麦が拡大中!

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る