Ko211225
10/33

11 使用する肉は村上牛のみ。5時間以上じっくりと煮込み、トロトロの食感に仕上げる。 2 細かくみじん切りにして丁寧に炒めたソテーオニオンがカレーの土台。なめらかな食感と甘みを生み出す。カレーの小話新潟市中央区白山浦1-631  С11時30分~13時15分LO、17時~22時(食事20時15分LO) Л日曜・祝日 О125席 П8台 К2021/12/29(水)の夜~2022/1/3(月)は休みOK※サラダ付き。ルウ(冷凍)単品もOK。創業98年と長い歴史を持つ洋食店。伝統を守りつつ、時代に合わせてレシピの改良を重ね、いつの時代でも愛される味を追求している。リピーターが多いのは、カレーライスとタンシチュー。☎025-266-1661 和食・洋食 ピーア軒ケンじっくり煮込まれた洋食屋のカレーライスは、どこか懐かしく、特別感がある。おうちでは再現できない“あの味”を、この冬も大切な人と一緒に。明治時代後半の日本では、西洋料理店で食べるのが一般的だったカレーライス。デミグラスソースやフォン・ド・ボーなど、洋食の技術を駆使して作るカレーは、独特の深みとコクを併せ持つ。テイクアウト2村上牛のビーフカレーライス ランチ 900円(サラダ、スープ付き)Since 1923※単品は950円創業当時から提供を続け、進化を続けている逸品。ルウに溶け出した村上牛の力強いうま味と、やわらかな肉質を堪能できる。辛さを控えめにすることで、カレー本来のコクを感じられる仕上がりに。新潟市・中央区洋食カレー名名店店でで味味わわうう伝伝統統のの味味ややわわららかかなな村村上上牛牛ががごごろろっっとと!!洋食屋のカレーライス洋食屋のカレーライス

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る